FC2

絵本「カラスのからし君」5/7

カラスのカラシ君_5


「イタイよ~ あ~あぁ せっかくつけたのに‥」

からしくんは泣き出してしまいました。

【ねぇどうしたの?なんで泣いてるの?】

からしくんが声のする方を見ると一匹の子猫がいました。

「君はいいなぁ 人間にかわいがられてさぁ。」

【カラスさん猫になりたいの?自分が嫌いなの?】

「僕は全身真っ黒だし、ごはん食べてる最中だって
 人間に追い払われてお腹いっぱい食べれないんだ‥」

【そうなの? 僕ね、まだ小さいから失敗することばかりだけど、
 お母さんだけは ほめてくれるんだよ。だから次も頑張れるんだ!
 だからねカラスさんも、ほめてもらえるような事してみたら?】

「人にほめられるようなことかぁ」