FC2

絵本「扉の向こう」2/6

扉の向こう_2

「約束ってなに?」

「わたしたちが住む家には、扉が八つあるの。

寝室や、書斎や、お風呂や、あなたのための部屋や、

洋服のクローゼットや。でもある一つだけの扉を開けてはいけないの」

「どうして?」

男の子は聞きました。

「いけないことだからよ。わたしもその扉を開けたことはないの。

わたしも母親に同じことを言われたのよ。

そして生まれて、ここまで生きてきたの」

そして女の人は大きく息を吸い込んで、吐きました。

「あなたには、その約束が守れる?」

「できるよ」男の子はすぐに言いました。

まだこの世に生まれ出ていないというのに、

まるで立派な男の子ようにはっきりと答えました。

「ほんとうに、ほんとうに約束できる?」女の人は重ねて聞きました。

「その扉を開けてしまうような子どもを、産むわけにはいかないのよ」

「大丈夫だよ。約束は守るよ」男の子はきっぱりと答えました。