FC2

絵本「ブラックサンタ」0/6

ブラックサンタ0


クリスマスシーズンに描いてた絵本。

ここ4話までケント紙を利用していたけど、2ページ目から新たな紙

「高級水彩紙(ヴィフアール水彩紙・細目)」を使用しました。

コピックの色が馴染んでかなりよかったです。

真横からの視点で描くと全体が見やすくなる事を発見しました。

また動きを加える事で生きた絵になると実感。

色々発見があって描いていて楽しかったです。

絵本「ブラックサンタ」1/6

ブラックサンタ1

サンタの村には見習いのサンタが2人。

1人は器用でもう1人は不器用な半人前です。

ある日のことオモチャ作りの練習をしていた2人にサンタさんが

【今年は2人のうち出来の良い方をプレゼントとしよう】と言ったので、

器用な見習いは自分が選ばれると確信し、

不器用な見習いは、さらに一生懸命になりました。

クリスマスが近付いたある日、プレゼントに選ばれたのは

不器用な見習いのオモチャでした。

器用な見習いは納得いかず、怒って村を飛び出してしまいました。

そして、なにやら良くない事を企み始めたのでした。

絵本「ブラックサンタ」2/6

ブラックサンタ2

今夜はクリスマス。

サンタさんが世界中の子供達にプレゼントを届け終わると、

街の夜空に現れたのは村を飛び出した見習いサンタでした。

見習いサンタはブラックサンタとなり、

特別に作った掃除機を使って世界中のプレゼントを吸いとってしまいました。

そんな悪事に気付いたサンタさんがブラックサンタの前に現れました。

【お前。なんてことをしたんだ!

このプレゼントは世界中の子供たちが楽しみにしているものだ!】

【あんなでき損ないが作ったオモチャ。子供たちは喜ばないさ】

ブラックサンタは言いました。

絵本「ブラックサンタ」3/6

ブラックサンタ3

それを聞いたサンタさんはブラックサンタにオモチャを手渡しました。

【これがあのでき損ないのオモチャなのか!

それに…このあたたかい感じはなんなんだ?】

【確かに技術はお前より劣る。

だか、一生懸命子供たちの喜ぶ顔を浮かべながら心を込めて

作ったオモチャにはクリスマスの魔法がかかるのじゃ】

【そんなこと信じないぞ!今日から俺様がサンタだ!!】

そう言うと、ブラックサンタは、掃除機でサンタさんを吸いとってしまいました。

絵本「ブラックサンタ」4/6

ブラックサンタ4


新しいサンタとなった、ブラックサンタは毎年クリスマスになると

世界中の子供達からオモチャを吸いとっていました。

子供達は大泣き。

そんなある年のクリスマス。

もう一人の見習いサンタが子供達の前に現れプレゼントを配りはじめたのです。

子供達は大喜び!!

そこへブラックサンタが現れたのです!

【でき損ないよ!いったい何をしているのだ!】

絵本「ブラックサンタ」5/6

ブラックサンタ5

【私は子供達の喜ぶ顔が見たくて、心を込めてオモチャを作ってきた。

ブラックよ。また一緒に頑張らないか?】

【黙れ!俺様はもうサンタだ!】

そう言い、掃除機のスイッチを入れ、オモチャを吸いとっていたその時です

【パーン!!】

掃除機の中身が溢れ、中の物が全部飛び出してたのです!

【くそ!こうなったら、でき損ないを吸いとってやる!!】

またスイッチ入れた時、掃除機に異変が…

【なんだ!?】

一瞬隙を見せた瞬間でき損ないは掃除機を奪い取り、

ブラックサンタを吸いあげたのです。

絵本「ブラックサンタ」6/6

ブラックサンタ6


そして掃除機から散らばったオモチャの魔法で辺りは幸せな空気に包まれ、

子供達の手元にプレゼントが戻ってきました。

【ありがとう。サンタさん。】

でき損ないサンタさんは気付かぬうちに

一人前のサンタさんへと成長していたのです。

それをみていたサンタさんは彼を新しいサンタさんに決めたのでした。

新しいサンタさんは子供達に

【1年間、良い子にしてた子供達にはプレゼントをあげるよ。

悪い子にはブラックサンタが掃除機でプレゼントを吸いとっちゃうからね】

そう言うとサンタ村へ帰っていきましたとさ。

おしまい。